ナマステ1

思考力育成法の授業を受けた子どもたちが、みんなで意味を考え抜き、行動に移した国際協力。その歩みを自分たちの言葉で本にしました。論理的思考と共に、心もしっかり育っています。

 
 
 
 

■インドの子どもたちとの交流を通じて、国際協力の本当の意味を学びました

ナマステ2

初めてのテレビ会議では、自己紹介やクイズ大会をしました。
お互いに、お互いのことをもっと知りたくなりました。

 
 

ナマステ3

インドの友だちからメッセージカードをもらいました。
わたしたちからも返事を書きました。

日本の日常とインドの日常の違いを知りました。
自分たちにできることは何なのかを考えました。
インドの友だちと一緒に本を作ることにしました。

 
 

ナマステ4

本の企画、原稿執筆、表紙デザイン、広報、宣伝、販売も
ぜーんぶ自分たちでやることにしました。

 
 
 
 
 
 
 

ナマステ5

Mさんの日記より
9月4日(金)
今日のめあては本の企画書を作ろうだった。
企画書を作るのはたいへんだと思ったけれど、みんなの想いや必死さ、本気度、強い意志が伝わったらいいと思った。
大人の人に思いや気持ちが伝わるような本が作りたい。

 
 

カバー4+
『ナマステ! 会いたい友だちと――友情は国境を越える』
関西大学初等部6年生[ 著] ISBN978-4-904785-95-9
定価=本体1,500 円+税