アクティブ・ラーニング(主体的な学び、対話的な学び、深い学び)が、大きく注目されています。目指すのは子どもたちが「自信を育み必要な資質・能力を身に付けていくことができる」こと。こうした点から期待される21世紀型スキルの学習・指導の先進モデルとして、関西大学初等部の思考力育成法は、より一層の脚光を浴びています。さくら社では同校の取組みを「関大初等部式思考力育成法」シリーズとして、

・理論編(『関大初等部式思考力育成法』)
・実践編(『思考ツール』)
・教科活用編(『思考ツールを使う授業』)
・研修用テキスト(『ガイドブック』)

のラインナップでご用意していますが、今回新しく、授業ですぐに使える“実践ツール”を開発いたしました。

・テキストは読んだけれど、実践へのハードルが高そう…
・活動に適した教材を考えるのが難しい
・とにかく始めてみたい、取り組んでみたい

といった学校や先生方に、おすすめいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。