堀田龍也

ほりた たつや

東北大学大学院情報科学研究科・教授
東京学芸大学大学院教育学研究科・教授
国立教育政策研究所・フェロー
静岡大学教育学部・客員教授
信州大学教育学部・客員教授

1964年熊本県天草生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。博士(工学)(東京工業大学)。東京都公立小学校教諭、富山大学教育学部助教授、静岡大学情報学部助教授、東京大学大学院情報学環客員助教授、メディア教育開発センター准教授、玉川大学教職大学院教授、文部科学省・参与(併任)等を経て2014年より現職。2021年よりクロスアポイントメントにより東京学芸大学教授を併任。

中央教育審議会委員/初等中等教育分科会委員/教育課程部会委員、教育再生実行会議初等中等教育WG有識者、文部科学省「デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議」座長、同「教育データの利活用に関する有識者会議」座長などを歴任。

著書に『GIGAスクールはじめて日記—Chromebookと子どもと先生の4カ月』さくら社2021、『「あたらしい学び」のつくりかた』学芸みらい社 2021、『学校アップデート-情報化に対応した整備のための手引き』さくら社2020、『情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術』三省堂 2019、『「これからの教室」のつくりかた』学芸みらい社2019などがある。

西久保 真弥

にしくぼ まや

宮崎県都城市立南小学校・教諭

都城市立南小学校は宮崎県南部に位置する児童数400名の中規模校。 私自身は今年度初めて第6学年担任となり、児童には小学校生活最後の思い出をたくさん作るはずだったが、新型コロナウイルス対策のため各種行事の削減が行われた。しかし、今回一人一台 Chromebookが整備されたことにより、試行錯誤しながらも貴重な体験を児童と共に経験することができた。

様々な機器やサービスの活用は、大変効果があるが、それらのサービスの先には人がいることを常に意識するような指導を心がけている。

棚橋俊介

たなはし しゅんすけ

静岡県焼津市立豊田小学校・教諭

焼津市立豊田小学校は、西焼津駅に隣接しており、児童数約1000人の大規模校。自身は教員8年目。情報主任および焼津市情報教育推進委員を歴任。

新型コロナウイルス感染症対策による休校措置を通してICTの必要性を強く感じ、これまで子どもたちがICTを活用して学ぶ授業づくりに取り組んできた。本プロジェクトにより市内で先行して1人1台の Chromebook が学級に整備されたことに伴い、積極的に授業公開を行ったり、実践経験をセミナーで公開したりしている。

現在は学び方のスキルを身に付け、自分たちで学び続けていけるような子どもの育成を目指して、授業研究に取り組んでいる。

渡邉光浩

わたなべ みつひろ

鹿児島女子短期大学児童教育学科・専任講師

1969年宮崎県宮崎市生まれ。宮崎大学教職大学院修了、教職修士(専門職)。宮崎県公立小学校・教諭を経て、2018年より現職。

鹿児島県かごしま「教育の情報化」推進連絡協議会委員。著書に『改訂新版 私たちと情報〔情報活用スキル編/情報社会探究編〕』(学研)など。

三井一希

みつい かずき

常葉大学教育学部・専任講師

1982年山梨県北杜市生まれ。熊本大学大学院教授システム学専攻修了、修士(教授システム学)。

山梨県公立小学校・教諭、台北日本人学校(台湾)・教諭を経て、2020年より現職。

文部科学省ICT活用教育アドバイザー、焼津市教育の情報化アドバイザー、北杜市立小中学校ICT活用教育研究会アドバイザー等を歴任。著書に『最新教育動向2021』(明治図書)、『MESHではじめるプログラミング教育実践DVDブック』(ソニービジネスソリューション)など。

佐藤和紀

さとう かずのり

信州大学教育学部・助教

1980年長野県軽井沢生まれ。東北大学大学院情報科学研究科修了、博士(情報科学)。東京都公立小学校・主任教諭、常葉大学教育学部・専任講師等を経て、2020年より現職。

文部科学省教育の情報化に関する手引執筆協力者、同児童生徒の情報活用能力の把握に関する調査研究委員、同ICT活用教育アドバイザー等を歴任。

2021年より日本教育工学会・代議員。著書に『子どもも教師も元気になる「あたらしい学び」のつくりかた:デジタルトランスフォーメーション時代の教育技術・学級経営』(学芸みらい社)、『情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術』 (三省堂)など。

明石要一

あかし よういち

千葉大学名誉教授・千葉敬愛短期大学学長

専門は教育社会学(青少年教育)。

大分県姫島村出身。奈良教育大学卒業後、東京教育大学大学院修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。千葉大学教育学部助手、講師、助教授を経て、1993年同教授、2013年定年退職。2014年より現職。

文部科学省中央教育審議会委員、同生涯学習分科会会長、千葉県地域訓練協議会委員、千葉県地域ジョブカード運営本部委員等を務めるほか、『子どもの規範意識を育てる』明治図書、『ガリ勉じゃなかった人はなぜ高学歴・高収入で異性に持てるか』講談社α新書、『生き方が見えてくるナガシマ学』オークラ出版等著書多数。

一般社団法人 ティーチャーズ・イニシアティブ

「先生こそが真に未来をつくることができる」を掲げ、5人の発起人と100名以上の市民の支援によって、2015年に設立された非営利法人。

「21世紀ティーチャーズプログラム」には過去5年間で200名を超える先生が参加し、教育委員会の公式研修としても採用されるなど、広がりを見せている。リーダーシップ開発やICT活用の研修も行い、先生たちの学びのコミュニティが形成されている。

代表理事・宮地 勘司

https://teachers-i.org/

平川秀徳

ひらかわ ひでのり

大分県公立小学校教諭

ICTを授業にうまく使えないかとiPadを使って授業を考えています。最近はプログラミング教育にも興味を持ってロボットを購入し、ドローンでの撮影も行いながら空撮の利用もいいなと思っています。

横山 光

よこやま ひかる

北翔大学教育文化学部教授

北海道内の公立中学校理科教員を経て現職。現在、小学校教員の養成に携わっています。地学領域、特に火山が専門で、安い、簡単、わかりやすい実験教材作成がほとんど趣味となっています。最近は、野外を案内しながら行うフィールド実験の開発に力を入れています。

野末 淳

のずえ じゅん

科学教育研究協議会会員

埼玉小学校理科サークルで、小学校の理科の授業づくりについて研究しています。学習が進めば進むほど楽しくなる理科の授業をめざしています。

八田敦史

やつだ あつし

埼玉県公立小学校教諭
科学教育研究協議会会員
月刊『理科教室』編集委員

公立小学校で理科専科を務める傍ら、埼玉小学校理科サークルで授業プランづくりや実践検討を行っています。学ぶことで子どもの世界が広がる理科授業をめざしています。

宮内金司

みやうち きんじ

茨城県牛久市理科支援員

「楽しく分かる理科」を目指し、工夫を重ねながら授業のお手伝いをしています。その中で地域の自然を観察し記録することを細々と続け、写真展示やホームページ『いきもの大好きな子どもたち』で紹介しています(http://nature.kids.coocan.jp)。

著書に分担執筆で『このは №5 魅せる紅葉』(文一総合出版)、『果物学』(東海大学出版会)など。

野呂茂樹

のろ しげき

青森県板柳町少年少女発明クラブ顧問

元高校理科教員、現在は子ども向けの科学教室や小中学校への出前授業の講師を楽しんでいる後期高齢者です。毎月ホームページ(http://noroshigeki.web.fc2.com)を更新し、科学工作や科学マジックを紹介しています。

科学工作は、前回の『理科実験の教科書』に載せた「月の満ち欠け」「ドラミング・きつつき」や今回掲載した「地層のでき方」などが現場の先生方や児童に好評です。科学マジックは、理科や算数/数学の内容をマジック風に展開、謎解きがとても盛り上がります。著書『先生はマジシャン1~3』(連合出版)、共同執筆は多数。

中嶋 久

なかじま ひさし

元北海道公立小学校教員

科学教育研究協議会HOH(函館・渡島・檜山)理科サークル会員。地域にこだわった実践に力を入れてきました。HOHでの実験教室の他、函館国際科学祭の一環として、科学の祭典、ジオ・フェスティバルの運営にも関わってきました。共著『道南の自然を歩く』(北海道大学図書刊行会) 『理科の学ばせ方・教え方事典』(教育出版)他。

ホームページ「渡島半島の自然を訪ねて」(http://nature.blue.coocan.jp/