さとう かずのり

信州大学教育学部・助教

1980年長野県軽井沢生まれ。東北大学大学院情報科学研究科修了、博士(情報科学)。東京都公立小学校・主任教諭、常葉大学教育学部・専任講師等を経て、2020年より現職。

文部科学省教育の情報化に関する手引執筆協力者、同児童生徒の情報活用能力の把握に関する調査研究委員、同ICT活用教育アドバイザー等を歴任。

2021年より日本教育工学会・代議員。著書に『子どもも教師も元気になる「あたらしい学び」のつくりかた:デジタルトランスフォーメーション時代の教育技術・学級経営』(学芸みらい社)、『情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術』 (三省堂)など。