ほりた たつや

東北大学大学院情報科学研究科・教授
東京学芸大学大学院教育学研究科・教授
国立教育政策研究所・フェロー
静岡大学教育学部・客員教授
信州大学教育学部・客員教授

1964年熊本県天草生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。博士(工学)(東京工業大学)。東京都公立小学校教諭、富山大学教育学部助教授、静岡大学情報学部助教授、東京大学大学院情報学環客員助教授、メディア教育開発センター准教授、玉川大学教職大学院教授、文部科学省・参与(併任)等を経て2014年より現職。2021年よりクロスアポイントメントにより東京学芸大学教授を併任。

中央教育審議会委員/初等中等教育分科会委員/教育課程部会委員、教育再生実行会議初等中等教育WG有識者、文部科学省「デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議」座長、同「教育データの利活用に関する有識者会議」座長などを歴任。

著書に『GIGAスクールはじめて日記—Chromebookと子どもと先生の4カ月』さくら社2021、『「あたらしい学び」のつくりかた』学芸みらい社 2021、『学校アップデート-情報化に対応した整備のための手引き』さくら社2020、『情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術』三省堂 2019、『「これからの教室」のつくりかた』学芸みらい社2019などがある。