『いまを生きる論語』が、高校と大学をつなぐあたらしい教育情報誌『ユニヴ・プレスvol.17』(2019年7月31日刊行)で紹介されました!

編集部の方が気になる本をピックアップされる『今月の1冊』のページです。

「大人になるために」として中学生や高校生に語りかけるようなイメージで書かれていますが、『論語』の教えは青年期にも壮年期、老年期にも有用であり、年齢を重ね、経験を積むほど内容についての理解は深まっていくものです。大人から子どもまで~先生にも生徒にも役に立つ1冊になっています。(掲題誌より引用)。

【横山験也のちょっと一休み】でもご紹介しています。http://www.sakura-sha.jp/blog/rongo-22/

ぜひご一読ください。