会社案内

社 名株式会社 さくら社
役 員代表取締役社長 横山験也(よこやま けんや)
取締役副社長  良知令子(らち れいこ)
非常勤取締役  横山伸也(よこやま しんや)学校法人サレジオ学院評議員
設立年月2009年 4月 16日
本 社〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-20 ワカヤギビル507号(地図
Tel:03-6272-6715
Fax:03-6272-6716
資本金25,000,000円
従業員数6 名
事業内容教育関係書籍出版
取引銀行三菱東京UFJ銀行神保町支店
振 替00170-2-361913

 

さくら社の理念

さくら社は、子どもたちが元気に楽しく伸びていくことを願う元小学校教師が、「教育」の可能性を信じ、現場に直接働きかける書籍をつくりたいと設立した出版社です。

 

さくら社がめざすもの

書籍を通じて優れた教育文化の創造をめざす

教育とは、学力形成を始めとした才能・能力を伸ばし、目指すべき地点へと導いていくことでしょう。 しかし、そこへと導く方法は決して一つではないはずです。多種多様な考え方、やり方の中から、指導者となるみなさんが、自分に合った方法を見つけ、実践していくことで、教育文化は豊かになっていきます。 さくら社は、書籍を通じてそのお手伝いをしていきたいと考えています。

元気で楽しい教育現場を増やすことをめざす

教育には継続する力も必要です。同時に、継続には前向きな明るさ、楽しさが必要です。先生の明るい笑顔は子どもたちの元気を生みます。子どもたちの元気な笑顔で先生も元気になります。みんなが元気になることで、教育現場は変わります。 日本中の教育現場が、元気で楽しい力に満ちたものであるために――さくら社は、書籍を通じて笑顔を増やしていきたいと考えています。

たくましく豊かな未来へとつなげることをめざす

教育は、未来をつくるものです。教育が崩れると未来の社会が崩れてしまいます。教育がたくましくなれば、未来もたくましく豊かになります。 たくましく豊かな未来を実現するために、教育現場の現在を豊かなものにしていくことが必要です。 さくら社は、未来へとつながる教育のための書籍を生み出していきます。

さくら社・社名の由来

さくらは多くの人々に親しまれる存在であり、日本の教育現場を象徴する花でもあります。日本の子どもたちはさくらと共に入学し、さくらと共に卒業していきます。日本の子どもたちに世界に誇れる社会人として成長し、満開の花を咲かせてほしい。そのための教育と常に共にありたい。そんな思いから、この名をつけました。

 

ごあいさつ

whois
大事なことは、前に向かって進むことです。
私は若い頃から教室で子どもたちに授業を行う傍ら、雑誌論文や本を書いてきました。
先輩の本や論文を数多く読み、自らの実践や工夫を書き表すのは当然のことと思い、夢中になって歩んできました。
そうして55歳になった今、振り返ってみると、80冊を超す本を出すことに恵まれ、とぎれることなく連載を書き続ける幸運を授かりました。
これらは私の努力だけによるものではありません。本を作る人、本を人々の手に送る人など、たくさんの人々の作り上げてきた出版文化があるからこそ、成し得てきたことです。
今、私はそろそろ御恩返しをしたい年齢を迎えています。
今なお御活躍を続ける、教えをいただいた先輩方、これから伸びようとする人たちが存分に腕をふるっていただける出版社を設立したいとの思いが強くなり、「さくら社」へと結実しました。
前を進み歩んでいる人、前に向かって進んでいる人、そんな前進力あふれる人の考えを本という形で応援したいと願っています。
さくら社の未来は、そうした方々とスタッフ一同の前進力にかかっています。しっかりした堂々たる大樹になるよう、皆様の暖かいお力添え、御指導・御鞭撻をよろしくお願いします。

 

横山験也プロフィール

<略歴>
1954年生まれ。
1977年千葉大学教育学部を卒業後、千葉市の小学校に勤務。
1997年有限会社学習ゲーム研究所(現・株式会社教育ソフト開発研究所)設立。
1999年千葉市教育委員会主催の千葉市教職員研究発表会で優良賞を受賞。
2001年 教職を辞し、算数ソフト「元気になっちゃう!算数」の制作を開始。
(小学校教員個人による導入のほか、現在は自治体単位での採用も始まっている)
2009年 株式会社教育ソフト開発研究所の代表取締役に就任。
株式会社さくら社設立。
~以降ソフト制作、各地での講演活動等を精力的に行っている。

<著作>
算数の定番ソフト『子どもが夢中で手を挙げる算数の授業』(全30巻)

「ケンチャコ大冒険」(シリーズ100万本以上売上)「できる学習クラブ」(以上NECインターチャネル社)シリーズの原案・シナリオ制作、「学校クイズ王」シリーズ(ほるぷ出版)等著書多数(約90点)のほか、朝日小学生新聞、学研の科学と学習、小学館の学年誌、教育技術誌、シニア向け雑誌「げんきプリント」「はなまるげんき」、明治図書の教育雑誌、ペーパーハウスの漢字クロス誌、家の光の児童雑誌、NECのサイトbiglobe 等に連載。

『奇跡のソフトで小学校の算数がスッキリわかる! (CD-ROM 付) 』(扶桑社)
『尋常小学校を体験!残しておきたいこの授業』(PHP研究所)
『明治人の作法 躾けと嗜みの教科書』(文藝春秋)
『行儀作法の教科書』(岩波書店)
『100人の先生が選んだ こども古典/ひとことで音読する古典』(ほるぷ出版)
『100人の先生が選んだ こども古典/1分で音読する古典』(ほるぷ出版)
『100人の先生が選んだ こども古典/5分で音読する古典』(ほるぷ出版)

アクセス

神保町駅 A4出口 徒歩1分(地下鉄半蔵門線、地下鉄都営三田線、地下鉄都営新宿線)
東京都千代田区神田神保町2-20 ワカヤギビル507号(TEL:03-6272-6715)


神保町駅A4出口から外に出ると、そこはちょっと開けた不思議なスペースです。前を走っているのが白山通り。通りを左(角は「Vanfu」)に出て、すぐのラーメン屋「匠の麺処 逢縁喜縁」の手前を左に入ってください(地図の一方通行の道)。
最初のT字路を右に曲がります。左にガラス張りのおしゃれなワイン食堂sumiya、お宝がありそうなCDショップを通り過ぎると、並びに「魚酒場ピン」と鶏料理「ふくの鳥」の2軒が並んでいます。ここがワカヤギビルです。この店の先に当ビル入り口がありますので、奥のエレベータで5階までいらしてください。

Top