この先を生む人「ティーチャーズ・イニシアティブ」の記録 明石要一
21.2.22 発売

予測不可能な時代を救う教育論!

教育とはすなわち教えること――これまでの当たり前は通用しない時代、学び方がものすごいスピードで変わりつつ今、その認識を新たにすることが求められています。

「教えられること」「教えられないこと」の鮮明な対比を、教育社会学を専門とし青少年教育の実情を知る著者が、故事来歴や身近なエピソードを交えながら軽快に説く。教師はもとより、子育てに社会人教育に必読の一冊です。

【もくじ】

序 「長嶋的」と「野村的」

第一章 「教える」と「育てる」の違い――考えるためのキーワード
1 「教える」と「育てる」
2 「発問」と「質問」
3 「研修」と「研究」
4 「文書」と「口伝」
5 「手抜き」と「気を抜くな」

第二章 「教えられないこと」は何か――育てることの目標
1 「認知能力」から「非認知能力」へ
2 「想定内」から「想定外」へ
3 「能力」から「才能」へ
4 「論理」から「感性」へ
5 「知識」から「知恵」へ
6 「記録」から「記憶」へ

第三章 学び方の転換――自学・自習を身につけよう
1 「習う」から「慣れる」、そして「使いこなす」へ
2 「守」から「破」そして「離」へ
3 「状況学習」から「試行錯誤」へ
4 「コツコツ型」から「山張り型」へ
5 「ノートを写す」から「ノートを取る」へ
6 「卒業」から「修了」へ

第四章 「決断」する子ども――ボタンを押させよう
1 「判断力」から「決断力」へ
2 「討議」から「討論」へ
3 「頭を使う」から「足を使う」へ
4 「勉強」から「遊び」へ
5 「仕事」から「夢」へ

第五章 難しい「今」の教育――タイミングは教えられない
1 「話し方」と「間の取り方」
2 「魚群探知機」と「潮目を読む」
3 「貯蓄」と「投資」
4 「慣習」と「流行」

第六章 職人的なセンスを育てる――今こそ職人魂を受け継ごう
1 「技術」を磨いて「技能」を
2 「腕」を磨いて「ネタ」を
3 「校正の力」と「編集のセンス」
4 「伝える」と「広める」
5 「味の三要素」より「味覚」

第七章 教育実践はどうすればよいか――学校改革の視点1
1 「当番活動」から「係り活動」へ
2 「業間体育」から「業間休み」へ
3 「組織づくり」から「学級文化」へ
4 「ルール」「マナー」から「モラル」へ
5 「優等生」から「ガキ大将」へ

第八章 実践課題は何か――学校改革の視点2
1 「いじめ」をなくし「けんか」を
2 「怒鳴る」人から「叱る」人へ
3 「えこひいき」をなくし「ひいき」を
4 「迷信」を捨て「言い伝え」を
5 「間食」をなくし「お八つ」を

第九章 必要な視点と心構え――持続する社会をめざして
1 「一〇〇点主義」から「一〇一点主義」へ
2 「積み上げ方式」から「逆算方式」へ
3 「通信教育」と「塾」と「学校」
4 「農耕文化」と「海洋文化」
5 「テクニカルスキル」「コンセプトスキル」から「ヒューマンスキル」へ
6 「平均寿命」より「健康寿命」を

四六判・並製・160頁
本体価格1,600円
ISBN 978-4-908983-49-8