先日のSG会。
明石先生のオフィスに着くや否や、明石先生から読むように勧められたのが、司馬遼太郎の『花神』です。
大河ドラマにもなったほどの著名な本なのですが、私は小説がどうにも苦手で、これまでもあまり読んできていません。

また、読書は人に勧められてするものではないと、来月の課題図書『死ぬほど読書』にも書いてありました。

でも、明石先生は私のことをよく知っていてくれます。
また、恩師でもあり、人生の先輩でもあります。
そういう方が進めてくれるのですから、これを軽んじることはできません。

今、読み進めていますが、良いときに、よい本を紹介していただいたと思っています。

頭に七分どおりのものを入れてから講義をきけばよくわかる、それをせずに出ていると、いたずらに心気を労するのみで学問が苦痛になる、(上巻 p291)

予習をしてから講義を受ければ、よくわかる。
予習をせずに講義を受けると、苦痛になる。
ということなのです。

あれこれ思いが巡り、まさにその通りと思います。

10月7日(土) 授業道場野口塾in宇都宮
10月28日(土) 第1回「野口国語」継承セミナーin横浜」
この2つのセミナーにちょっと参加してきます。
講師ではありませんので、学ぶ一方です。
中身はどちらも国語が中心です。
しかも、多くの先生が実践発表や模擬授業をしてくれます。

国語はそれほど強くありません。
ですが、長く教育に関わってきたので、七分ほどのものは入っていると思います。
ですので、発表を聞きつつ、できるだけ冷静になって考えてみようと思っています。
もしかしたら、よくわかるかもしれません。

関連記事:

『吾妻鏡』頼朝は歯痛です!

【横山験也のちょっと一休み】№.3330 『吾妻鏡』を読んでいるのですが、予想以上に面白いです。 頼朝は征夷大将軍になっています。 曽我兄弟の仇討も終わっている1195年を今読んでいるのですが、なんと頼朝は歯痛に悩まされ …続きを読む

さくら社の新刊2冊、嬉しいですね!

【横山験也のちょっと一休み】№.3323 素晴らしい本が2冊、発売になりました。 『主体性を育む学びの型:自己調整、探究のスキルを高めるプロセス』(木村明憲著) 『GIGA完全対応 学校アップデート+(プラス) 』(堀田 …続きを読む

『吾妻鏡』源平戦で飛脚が良く出てきます

【横山験也のちょっと一休み】№.3322 読書中の『吾妻鏡』。 源平戦からスタートしているのですが、途中、目につき始めた言葉が「飛脚」です。 やたらと飛脚が頼朝の所へ届きます。 ところが、平家滅亡と決着がついてしまうと、 …続きを読む

『吾妻鏡』頼朝の鶴岡八幡宮熱はすごい!

【横山験也のちょっと一休み】№.3321 『吾妻鏡』の第1巻の半分ぐらいまで進みました。 読んでいると、鶴岡八幡宮への頼朝の熱はすごいですね。 場所を変えたことにも驚きましたが、由比が浜からまっすぐに伸びる参道は、頼朝が …続きを読む

「黙読」「見読」と「〇読」

【横山験也のちょっと一休み】№.3318 「無言にして大般若経を見読せしむ。」 『吾妻鏡』の第二で目を惹いたフレーズです。 「見読」ですから、その字を見れば、また「無言」ともあるので、「黙読」のことだとはわかります。 し …続きを読む