明石先生が勧めて下さった『花神』
上巻、中巻、下巻の3部作になっていますが、明石先生は特に中巻を勧めて下さいました。
読んでみたら、上巻に続き中巻も納得が続きます。

「物を考えるときは、モロモロの事物や事象のなかから本質を抽出し、それを記号として抽象化して考えると、大変便利がよろしい。(p407)

単純化する。
これができれば、思考しやすいということです。
ただ、難しいのは本質を外さないことです。
本質部分を単純化するから分かりやすいのです。

算数で言えば、その昔は「+」や「-」の記号がありませんでした。
言葉で記していました。なので、計算の結果を出すのがなかなか大変でした。
ところが、算数としてこれが肝だ!という所を記号化したら、その後の人たちは式という形で自在な思考を得ています。

同様なことが、道徳でも起きていたことに気がつくと、道徳への見方が変わります。
何を単純化するのか。
どう、単純化するのか。
そこを考えて進めることも、私の行う仕事の一つなのだろうなと思っています。
所々ではできるのですが、まだまだ勉強不足です。
『花神』を読み、自分の思いは方向としてはいい線いっていると思った次第です。
--
関連記事:

『集中力の科学』に算数がほんの少し出ていました

【横山験也のちょっと一休み】№.3421 ちょっと気になったので、『集中力の科学』を読みました。 なかなかいいなぁと思ったのは、この本の表紙です。これが手元にあったら、「集中しなきゃ」という気持ちになりそうで、もしかした …続きを読む

『数学的に考える』は面白い本です

【横山験也のちょっと一休み】№.3416 プログラミングをしていたころ、「true」とか「false」と打ち込んで動きを作っていました。 このtrue、falseが『数学的に考える』に出てきます。 真理表を完成させる学習 …続きを読む

『数学的に考える』は面白いです!

【横山験也のちょっと一休み】№.3415 面白い本です。 まだ、半分にも届かないところまでしか読んでいませんが、とてもいい頭の体操となっています。 高校の数学から大学の数学に変わるときに必要な頭のはたらきについて書いてあ …続きを読む

来年の春ごろ、算数の本の第3弾を出せそうです!

【横山験也のちょっと一休み】№.3414 来年の春ごろ、『「夢中で算数」をつくる教材アイディア集』の第3弾がお目見えするかもしれません。 去年もそんなことを書いたのですが、先を譲る本があれこれあり、しばしの間休眠中となっ …続きを読む

古本屋でいい本を見つけました

【横山験也のちょっと一休み】№.3411 神保町の交差点に出たら、毎年恒例の古本祭りのセットがつくられていました。 28日(金)からの開催ですが、この看板を見ると今年も本好きの人たちがわんさか集まって、何冊も購入して行く …続きを読む