今こそ社会科の学力をつける授業を――有田式授業づくりに学ぶ 有田 和正 教材・授業開発研究所 編著 14.11.27 発売

どうしても伝えておきたい授業があります。

追究の鬼 「はてな?」を見つけよう 布石の連続 ネタ開発 ノートは思考の作戦基地「一時間に一回も笑いがない授業をした教師は逮捕する」「鉛筆の先から煙の出るスピードで書きなさい」 ……「教育界の巨星」と謳われた師の遺志を継いだ11人の教師たちが、教えの数々を詰め込みました。

■もくじ
序章……有田式授業づくりに学ぶ………古川光弘

第1章……有田式授業づくりから学んだこと
学習技能の鍛え方を学ぶ………佐藤正寿
子どもの見方の鍛え方を学ぶ………篠田裕文
有田先生を追い求め「丸ごと」学ぶ………德田洋広
有田先生の授業づくりを追試する………福山憲市
牧草ロールとサイロの風景を追究して………福嶋顕勝
教材開発の基本姿勢と授業の発問構成を再考する………大谷和明
教材研究とネタ開発の大切さ………藤本浩行
有田式Webワーク………金川秀人
逮捕されないような授業を創るために………俵原正仁
授業のオープンエンド化を学ぶ………沼澤清一

第2章……有田式 社会科で行いたい授業とネタ
三年生で行いたい授業とネタ
◆社会科でどんな学力をつけるか
四年生で行いたい授業とネタ
五年生で行いたい授業とネタ
六年生で行いたい授業とネタ

特集ページはこちらから。
有田式Webワーク「ずいずいずっころばし」もご覧いただけます。

A5判並製 196頁
本体価格:1,800円
ISBN978-4-904785-85-0