明石要一先生が勧めてくださった『花神』、下巻も得るところがあり、勉強になりました。

晋作の生涯は二十八年にすぎなかったが、その死の前はよほど老熟していて、
「愚を学べ」
と年少血気の後輩たちに語っていた。
「智者の智は及ぶことができる。しかし智者の愚には容易におよぶことができぬ」
という意味らしい。(78-79)

しばし、考えてしまいました。
私には、かなりレベルの高い問題です。

少し勉強ができるようになると、それを人に分かってもらろうと、チラチラとひけらかしたくなります。
普通、人はそういう気持ちにすぐなります。
自分には力量があると、その優位性を示したくなる欲望があるからです。

普通に生きるだけでしたら、ひけらかしをしても何の問題もありません。
ですが、天下国家とは言いませんが、自分の歩む道で一角の人物になりたいと思ったら、それなりに心の修養が必要になります。

能ある鷹は爪を隠す

爪を隠している鷹。
最も得意とするところはしかるべき時に見せ、平素は見せない鷹。

愚というのは、平素は極めて平凡な人でいることなのかなと思いました。

それとは別に、論語の一節が浮かんできました。

これを知る者は、これを好む者にしかず。これを好む者は、これを楽しむ者にしかず。(『論語』雍也第六)

愚を学ぶというのは、張り詰めた智を超え、智を楽しむようになりなさいという教えなのだろうなとも思えてきています。

いずれにせよ、いい勉強になりました。
明石先生が薦めてくださったおかげで、いい修養ができました。
--
関連記事:

『集中力の科学』に算数がほんの少し出ていました

【横山験也のちょっと一休み】№.3421 ちょっと気になったので、『集中力の科学』を読みました。 なかなかいいなぁと思ったのは、この本の表紙です。これが手元にあったら、「集中しなきゃ」という気持ちになりそうで、もしかした …続きを読む

『数学的に考える』は面白い本です

【横山験也のちょっと一休み】№.3416 プログラミングをしていたころ、「true」とか「false」と打ち込んで動きを作っていました。 このtrue、falseが『数学的に考える』に出てきます。 真理表を完成させる学習 …続きを読む

『数学的に考える』は面白いです!

【横山験也のちょっと一休み】№.3415 面白い本です。 まだ、半分にも届かないところまでしか読んでいませんが、とてもいい頭の体操となっています。 高校の数学から大学の数学に変わるときに必要な頭のはたらきについて書いてあ …続きを読む

来年の春ごろ、算数の本の第3弾を出せそうです!

【横山験也のちょっと一休み】№.3414 来年の春ごろ、『「夢中で算数」をつくる教材アイディア集』の第3弾がお目見えするかもしれません。 去年もそんなことを書いたのですが、先を譲る本があれこれあり、しばしの間休眠中となっ …続きを読む

古本屋でいい本を見つけました

【横山験也のちょっと一休み】№.3411 神保町の交差点に出たら、毎年恒例の古本祭りのセットがつくられていました。 28日(金)からの開催ですが、この看板を見ると今年も本好きの人たちがわんさか集まって、何冊も購入して行く …続きを読む