学校アップデート 堀田龍也著  為田裕行著  稲垣 忠著  佐藤靖泰著  安藤明伸著  20.4.30 発売

ついに、学校現場にPCやタブレットなど情報端末一人1台時代が到来! その導入から試行錯誤の取り組みが急増する中、優れた情報教育を進める学校現場の授業を紹介しつつ、具体的な整備や研修のノウハウを提供します。

◎巻末にICT環境整備へ向けて必要なヒト・モノ・コトがひと目でわかる「学校アップデートへのステップ」収録

<付録「学校アップデートへのステップ」について>
新型コロナウィルス感染症の広がりにより、学校の情報化の遅れが次第にクローズアップされています。GIGAスクール構想にはさらなる補正予算が決定し、児童生徒一人1台環境は急加速するでしょう。「これまでの学校」とは違う「アップデートされた学校」が求められることになります。
このロードマップは、そのための確かな「はじめの一歩」を踏み出し、先生方も子どもたちも豊かに学び未来をつかむためのものです。本書にはより詳しく具体的に書かれています。(著者より)

【もくじ】

総論:ICTで学校をアップデートしよう
1.「アップデート」って何だろう?
2.育てるべき人材像をアップデートする
3.学校を「世間並みに」アップデートしよう

第1部:実践編
Ⅰ 事例紹介
1 ICTの日常的な活用…仙台市立広瀬中学校「社会」
2 学びの個別最適化…袋井市立三川小学校「算数」
3 環境整備と日常的な活用…小金井市立前原小学校「朝ノート」
4 プログラミング…さとえ学園小学校「プログラミング」
5 情報活用能力1…京都教育大学附属桃山小学校「メディア・コミュニケーション科」
6 情報活用能力2…筑波大学附属駒場高等学校「国語」
7 ファブスペース…工学院大学附属中学校・高等学校

Ⅱ 実践のポイント:これからの授業づくり
1 育てたい力のアップデート
2 学び方のアップデート
3 学習環境のアップデート
4 情報時代の学校に向けて

第2部:準備編
Ⅰ 環境整備
1 環境整備の必要性…学校をアップデートするために必要なICT 環境
2 授業用端末…先生が使って豊かな学びを創る
3 児童生徒用端末…子どもたちが使って豊かに学習する
4 プログラミング用フィジカル教材…光る、動く、繋がる体験を
5 遠隔授業システム…学びを閉じない、学びを止めない
6 校務用端末と統合型校務支援システム…校務の情報化。スマートに働く
7 デジタルサイネージ…校務の情報化。見ればわかる
8 複合型プリンターのレンタル…これまでの環境にプラスアルファ
9 ファイル共有クラウドストレージ…先生方を守るためにも
10 教育情報セキュリティポリシー…クラウド・バイ・デフォルトで見直す
11 一人1台の時代に向けて…学校、子ども、社会を捉え直す
12 授業と家庭学習の連動…子どもたちの学びを組み立て直す

Ⅱ 体制整備
1 体制整備の必要性…学校体制を整える
2 学校CIO…リーダーシップと情報化ビジョンの共有
3 情報化担当教員…役割の相互理解と育成
4 ICT支援員…役割の相互理解と配置・拡充
5 カリキュラム・マネジメント…情報活用能力育成を軸に
6 校内研修…時代に対応した指導力
7 授業改善…ICTを活用したアクティブ・ラーニングへ
8 校内研究…ICT活用をベースに
9 校外連携体制…大学や企業とのタッグ
10 校外研修…機会の保証と情報提供
11 情報共有…ICTを活用した家庭や地域との連携
12 働き方改革…学校をよりよいものにするために

Ⅲ 準備のポイント:アップデートされた学校になるために
⦿アップデートし続けることは必要要件に
⦿遊びのように見えても勉強
⦿環境的整備としてのフィルタリングのアップデート
⦿「デジタル」が鍵のアップデート
⦿デジタル化された情報を扱えるということ
⦿学習方法・学習内容という側面でのアップデート
⦿ ICT を活用した主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善
⦿児童生徒に手段を任せ、生きた情報モラル指導を
⦿教師の見取りとデータによる児童生徒理解
⦿求められる教員養成へのアップデート

巻末付録:学校アップデートへのステップ

※読書感想文大会にお寄せいただいた感想はこちらです。
・No.1『学校アップデート』を読んでの感想を教えて下さい
・No.2「『学校アップデート』を読んで、あなたが必要だと考えた「学校アップデート」を教えて下さい」

A5判・並製・132頁
本体価格1,700円
ISBN 978-4-908983-43-6

ご注文書(ダウンロード)