【横山験也のちょっと一休み】№.2500

■ 『〈道徳読み〉活用法』への嬉しい感想 ■

「道徳読み」の第2弾『〈道徳読み〉活用法』が22日に発売になりました。
御購入下さった熊谷青士先生から嬉しい感想をいただきました。

自分が言語化できないことが言語化されていたり、自分には見えていない視点からの内容が書かれていたりと、納得したり驚いたりしながら読み進めました。また、自分の実践と重ね合わせ、自らを省みることもできました。

この学びの姿勢が良いですよね。
道徳読みを良いと思ったのですが、その思うことを適切に表す言葉がうまく出てきません。
こういう状態は学びの最もいい形です。
確かに伸びてきていることを示しています。
論語でいう所の、「不憤不啓」(憤せずんば啓せず)「不悱不發」(悱せずんば發っせず)の状態です。
熊谷先生は、さらに続けます。

『道徳読み――教科書を使う道徳の新しい授業法』と共に、「道徳読み」のバイブルであり、「特別の教科 道徳」のバイブルにもなると思います。

『〈道徳読み〉活用法』を読むことで、熊谷先生の頭の中が啓かれたのです。
ある種の開眼があったのです。
それがバイブルという言葉に帰結していて、新学期への新たなる意気込みが出ている状態と推測できます。

熊谷先生の感想を読んでいて、こちらが大いに感動しました。
熊谷先生の前進が伝わってきたからです。

「道徳読み」のセミナーが4月13日(土)に東京の調布で開催されます。
「道徳読み&算数ミニネタセミナー」です。
子ども達が主体的に道徳の学習を始める授業。それを初めて可能にしたのが「道徳読み」です。
発問で進めていく授業も悪くはないのですが、教える先生が意図していなくとも、子供達は問題が出てくるのを待つように育ってしまいます。
その昔、「指示待ち人間」というのが問題になったことがありました。
今、主体的な学びが推し進められています。
ここでは、「問題待ち人間」が問題となってきそうです。
問題や課題が出されるまでは子ども達の思考が止まっている状態が続く「問題待ち学習」で、道徳授業を進めていいのだろうか。
そうはならない授業。教材を読んだら子ども達が進んで道徳的視点で教材に向かい始める授業。
そういう授業改革の提案を含んでいるのが「道徳読み」です。
道徳読みに関心のある先生、ぜひ、このセミナーに御参加ください。

関連記事: