【横山験也のちょっと一休み】№.2429

■ 読めない漢字が多い ■

今年は良い年になりそうですので、気分良く仕事を進めています。
合間に、少し本を読んでいるのですが、どうにも読めない漢字が多く、自らの力不足を感じています。

これなんか、首をかしげました。

「抑揚をつける」
と書いてあれば、「よくよう」と読めるのですが、

そこから、まさかの「よくも」と読んでしまっては、「音読み」+「振り仮名」となり、「明らかに違うだろう!」と自分に突っ込みを入れたくなります。

読んでいる本にはルビが振ってあるので、ルビで助けられています。
でも、ルビの方ばかり見てしまうので、再び登場した時には「はぁ?」となっています。

字が読めないというのは、悲しいことですが、読めない字があると頑張ろうと思えます。

こういうこともあって、本は楽しいですね。

《画像の漢字:そもそも》

関連記事:

投稿が見つかりません。