仲道雅輝

愛媛大学総合情報メディアセンター
教育デザイン室長 兼 教育企画室 講師

渡辺貴裕

東京学芸大学教職大学院 准教授

関田一彦

創価大学教育学部 教授

木村明憲

きむら あきのり

1999.3 佛教大学教育学部教育学科 卒業
2000.4 京都市立広沢小学校 常勤講師
2001.4 京都市立藤城小学校 教諭
2004.4 京都市立第三錦林小学校 教諭 (後半2年は生徒指導主任)
2010.4 京都市総合教育センター研究科研究員 (ICT活用,情報教育の研究)
2012.4 京都市立一橋小学校(第38回パナソニック教育財団特別研究指定校) 教諭(研究主任)
     京都市教育委員会 研修指導員委嘱 〜2014.3 
2014.4〜現在 京都教育大学附属桃山小学校 教諭 (メディア・コミュニケーション科研究主任)
2015.4 第41回パナソニック教育財団一般研究助成「情報活用の実践力を系統的に育成し,子どもたちが主体的に研究を進めることができる『情報ハンドブック(電子書籍版を含む)』の開発」 

堀田龍也

ほりた たつや

東北大学大学院情報科学研究科・教授
東京都公立小学校教諭、富山大学教育学部助教授、静岡大学情報学部助教授、東京大学大学院情報学環客員助教授、メディア教育開発センター准教授、玉川大学教職大学院教授、文部科学省・参与(併任)等を経て現職。
内閣官房「教育再生実行会議」第1分科会有識者、中央教育審議会教育課程部会情報ワーキンググループ主査、文部科学省「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議座長、学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議座長、情報活用能力調査に関する協力者会議委員などを歴任。
著書に『教育メディアの開発と活用』(共著)、ミネルヴァ書房、2015、『思考ツールを使う授業』(共著)、さくら社、2014、『わたしたちとじょうほう 3・4年』『私たちと情報5・6年』学習研究社、2010、『メディアとのつきあい方学習』ジャストシステム、2004などがある。

黒上晴夫

くろかみ はるお

関西大学総合情報学部・教授
大阪大学技官・助手、金沢大学助教授を経て現職。
次期学習指導要領にかかわる、高等学校部会、総則・評価特別部会、生活・総合的な学習の時間、各委員。高大接続システム改革会議新テストワーキンググループ委員。
シンキングツールやルーブリック評価の紹介、セミナー、アプリ開発を通じて、思考をうながす授業のあり方について研究している。
専門領域:教育工学
関連リンク:http://ks-lab.net/haruo
研究領域:カリキュラム、教育評価、ICT活用
著作に『子どもの思考が見える21のルーチン』(翻訳)、北大路書房、2015、『教育メディアの開発と活用』(共著)、ミネルヴァ書房、2015、『考えるってこういうことか!「思考ツール」の授業』(共著)、小学館、2013、『シンキングツール~考えることを教えたい~』(共著)、NPO法人学習創造フォーラム、2012などがある。

前田康裕

まえだ やすひろ

1962年、熊本県生まれ。熊本大学教育学部美術科卒業。岐阜大学教育学部大学院教育学研究科修了。公立小中学校教諭、熊本大学教育学部附属小学校教諭、熊本市教育センター指導主事、熊本市立向山小学校教頭を経て、2017年4月より熊本大学教職大学院准教授。

城ヶ崎滋雄

じょうがさき しげお

鹿児島県生まれ。大学を卒業後、千葉県公立小学校教諭となる。20 歳代で教育委員会に出向し、社会教育に携わる。30 歳代では不登校対策教員として不登校についての研鑽を積む。40 歳代では荒れたクラスの立て直しに努める。50 歳代では子育て経験をいかして家庭教育にも活動の場を広げ、現在も学級担任として教壇に立つ。
連載が10 年を超える教育情報誌『OF(オフ)』や子育て情報誌『Popy f(ポピーエフ)』(いずれも新学社)を通して、若い先生や保護者にアドバイス・情報発信を行っている。
著書に『クラスがみるみる落ち着く教師のすごい指導法!―荒れを克服する50の実践―』・『子どもと「ぶつからない」「戦わない」指導法!』(以上、学陽書房)『クラス全員の思いをガッチリ「受け止める」対応術』『「陸上競技」もの識り大百科』(以上、明治図書)。共著に『○×イラストでわかる!トップ1割の教師が知っている「できるクラス」の育て方』『誰でも成功する先生も楽しい学級づくり』(以上、学陽書房)、『THE 学級マネジメント(「THE 教師力」シリーズ)』(明治図書)などがある。

木更津技法研(きさらづぎほうけん)

正式名称は「木更津教育技術の法則化運動研究会」。
向山洋一氏の教育技術の法則化運動のサークルづくりの呼びかけに応じ、昭和59年発足した。現在、君津・木更津の教師を中心として、月に一度野口芳宏先生の自宅にて国語の勉強会を行っている。

松澤正仁

まつざわ まさひと

昭和31年 愛媛県宇和島市生まれ
同 54年 愛媛大学教育学部卒業
同年 公立小学校教諭
同 60年 宇和島教育サークル結成
同 10年 公立小学校教頭
同 21年 公立小学校校長
現在 宇和島市立下灘小学校校長

池田久美子

いけだ くみこ

東京生まれ。
1974年東京教育大学教育学部教育学科卒業。
1978年東京大学大学院 教育学研究科修士課程終了。
1981年慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単 位修得満期退学。元信州豊南短期大学教授。
現在、三育学院大学講師。専攻は教育哲学、国語教育。

上條晴夫

かみじょうはるお

1957年、山梨県生まれ。小学校教師、ノンフィクション作家を経て、教育ライターとなる。現在、東北福祉大学教授。お笑い教師同盟代表。特定非営利活動法人「全国教室ディベート連盟」理事。「教師教育ネットワーク」代表。

教材・授業開発研究所

有田先生自ら立ち上げた、授業のネタ開発に意欲的な教師の集まり。全国に支部も多数。

鎌田富夫

かまだ とみお

大阪府池田市立池田小学校前校長

1952年兵庫県生まれ。桃山学院大学社会学部社会学科卒業。
1976年大阪府池田市立池田小学校に講師、教諭として18年間勤めたのを皮切りに、同市立呉服小学校勤務、同市教育委員会学校教育部指導課、同市教育研究所所長、同市教育委員会教育部教職員課長を経て、池田小学校校長。
「教育はロマン」「いきいきのびのび ひとりひとりが主役」「心満点」をモットーに、学校づくり人づくりを行ってきた。
現在は池田市教育センター勤務。

宇佐美 寛

うさみ ひろし

千葉大学名誉教授(教育学博士)

1934年神奈川県横須賀市に生れる。1959年東京教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。
1961年‐1962年米国、州立ミネソタ大学大学院留学(教育史・教育哲学専攻)。
千葉大学講師、同助教授を経て同教授(1993年‐1997年教育学部長)(1998年‐2000年東京学芸大学教授併任)。
2000年停年退官。現在、聖母大学・千葉県立野田看護専門学校等の非常勤講師。